未分類

オステオパシーでのタッチについて

オステオパシーは、手を使って体に働きかけることで、体の調子を整える徒手療法です。
ソフトで優しいタッチで触れることで、緊張をゆるめていきます。
その効果は肩こりや腰痛といった筋骨格系の問題の改善だけではありません。
自律神経系のバランスを整えるので、消化器系の不調、婦人科系の問題、緊張性の頭痛や不眠といった、多くの不定愁訴の改善が期待できます。
人の体はリラックスして、休息したときに治癒の力が働きます。
そのため、強い力でのもみほぐしやマッサージは行いません。
やさしくリズミカルにゆすることで血液やリンパの流れの改善を促したり。
時にはただ触れているだけ、と感じられるような触れ方で深いリラクゼーションの時間を持つこともあります。
休息の中で発現するその人が自分を癒す力。
オステオパシーではその自然治癒力を引き出します。